見逃し動画配信LOVE

見逃したドラマや映画アニメを無料視聴情報!

ALIFE~愛しき人~3話あらすじとネタバレ情報!見逃し配信情報も♪

こんにちはMIUです。
当サイトにお越しくださいありがとうございます。

ALIFE~愛しき人~3話が放送されましたね~♪

せっかく楽しみにしていたのに見逃しちゃいましたか?

録画しておいたはずがHDDの容量がいっぱいで撮れてなかった・・・

残業してしまって放送時間に間に合わなかったとか。

かなり悔しいですよね・・・・。

【ALIFE~愛しき人~3話】を見逃した方必見!見逃し再放送を視聴する方法とネタバレをお伝えします。

 

ALIFE~愛しき人~3話放送時間帯

  • 1月29日(日)21:00~
  • TBSで放送

ALIFE~愛しき人~3話あらすじ

精力的に論文を書こうとする深冬(竹内結子)は、難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していると沖田(木村拓哉)に語る。深冬は自分のためにも、病院の跡取り娘としても、指導医の認定を受ければ役に立つ、と考えていた。

ある日、腹痛を訴える女の子が小児外科を受診する。他の病院では心因性と診断されたが違うのではないか、と不安がる母親。深冬は女の子を入院させ沖田の力を借りて原因を特定、手術をすることを決める。ところが、前に女の子を診察していた医師が小児外科治療学会のトップだったことから、深冬は壇上記念病院院長で父の虎之介(柄本明)に手術を止められてしまう。医学界の権力者に楯突いてでも子供を救うべきか、それとも自分と病院の将来を守るべきか、悩む深冬に沖田は・・・。

出典:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/

 

ALIFE~愛しき人~はU-NEXTで配信中!

A LIFE ~愛しき人~A LIFE ~愛しき人~

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サイトです。

テレビはもちろん、スマホ、タブレットで好きな時に動画が視聴出ちゃいます☆

月額1990円と他の動画配信サイトと比べるとちょっとお高めですが
それも納得の動画配信数と機能!

全ての動画が見放題ではないのですが、毎月1000円分のポイントが貰えるので
そのポイントを使えば、追加料金を支払わなくても最新映画やドラマなどが視聴出来ちゃいます♪

MIU
なんと雑誌や電子書籍も見れるんだよ

しかも今なら31日間無料お試しキャンペーン中!

このキャンペーンで登録するとすぐに600円分のポイントが貰えるので
このポイントを使えば見逃した回だけでなく専用アプリで雑誌なども見れちゃいます♪

BookPlace Reader

BookPlace Reader
開発元:U-NEXT Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

しかもお試し期間中に解約すれば一切料金は発生しないのでどうせなら31日間U-NEXTを楽しんじゃいましょう~(^^♪

 

>>U-NEXT無料お試し申し込みはこちら

 

ALIFE~愛しき人~3話ネタバレ

沖田一光(木村拓哉)は院長に呼ばれ、壇上深冬(竹内結子)と壇上壮大(浅野忠信)と子供で家族の中ディナーをした。

院長は、なぜ壇上記念病院に残ってくれたのか聞くと

「僕にもまだできることがあるんじゃないかと。。。」

まだ深冬に脳の手術の事話してないもんね(‘_’)

壮大

「沖田君は最後の切り札です。」

院長

「これでダメなら小児科を切り捨てようってわけか。」

気まずい空気。。。

 

深冬は病院をなんとか立て直せたらと思い指導医の認定を取ろうと頑張っていた。

2000人中300人しか受からない。

難しい(◞‸◟)

まずは論文を提出。

一光は深冬の論文チェックを頼まれていた。

「ちゃんと書けているよ。」

深冬に伝えると

「沖田先生に言われると自信持てる。」

一光をとても信頼しているみたい。

 

そしてもう一人一光を信頼している人がいるんだけど。。。

井川颯太(松山ケンイチ)は一光の手術の時にメンバーに入れて欲しいと頼んでおいた。

お調子者だからな(笑)

 

壮大のする手術に参加した一光。

壮大

「やってみるか?」

「ああ。」

難しい手術もバッチリできちゃう一光。

本当天才!!

壮大は深冬の手術はやっぱり一光しかいないと再度思わされた。

 

その頃、小児科には女の子がおばあちゃん家に預けると腹痛があると診察に来た。

深冬は親切に診察した。

ジャングルジムから落ちて小児科医の学会トップの教授が手術した事がある子だった。

一光が入院中夜間担当する事になった。

女の子はおねしょして腹痛を訴えた。

痛そう(;_:)可愛そう。。。

おばあちゃんの家に泊まる時は寝る前にトイレにいっている。

彼女はトイレが近い。

膀胱が空になると痛むという事は腸捻転、つまり腸がねじれちゃう病気の可能性がわかった。

他の病院でわからなかった事を一光は見つけるなんてすごいな。。。

しかも小児科医の教授が気づかなかった事を。。。

 

院長と教授は知り合いだった。

院長は電話で脅されてしまった。

教授の手術の後に手術する事を院長は反対せざるおえない。

深冬にも手術は他の病院でするようにと指示した。

そうしなければ指導医を落とす!とまで言われている。

教授の手術で見落としになっちゃうからってひどい(..)

受け入れ先の病院を探そうと一光に言うと

「だったら僕はこの病院を辞める!」

そんな言葉が胸に刺さった深冬。

A LIFE ~愛しき人~A LIFE ~愛しき人~

一光は教授の影響を受けない小児外科を探していた。

すると柴田由紀(木村文乃)が

「私も連れてって下さい。私も手伝います。」

一光

「わかった。」

 

一光は井川に親の病院に頼めないか相談した。

しかし井川はムッとしていた。

柴田に好意を持っている井川は一光と仲良く話しているのを見ていたから。

「俺が院長の息子だから?ずるっ。親父は教授と繋がっているので無理です。

俺は沖田派ではなく深冬派ですから!!」

最近先生達の中では○○派と言うのがブームになっているのです。

 

一光は頭を抱えていると壮大が

「辞めないでほしい、オペは俺が許可する。教授から深冬を守るため、深冬には切らせないでほしい。」

一光

「わかった。」

一光がいなくなったら深冬の手術する人いなくなっちゃうもんね(◞‸◟)

壮大は深冬にも

「深冬は絶対手をだすな!」

と注意した。

 

女の子の手術が始まります。

深冬は一光に

「私にオペさせて下さい。私医者として大切な事忘れていた。小児科医の存続とか二の次!私が背をわなくちゃいけないのは病院の未来ではなく患者のみらい。私にオペさせて下さい。」

一晩眠れず考えた結果だった。

一光は深冬の気持ちを受け入れた。

 

手術をしていると院長が

「閉じるんだ!!」

と怒鳴りに来た。

一光

「ちゃんと見て下さい!」

見てみるとやはり腸捻転。

命を救うにはぎりぎりだった。

院長も納得して出て行った。

 

副院長室では壮大が手術の様子をモニターで見ていた。

なぜ深冬が手術しているのか?

一光と深冬のいいコンビネーションを見てイライラ。。。

 

井川はある論文を見て手術を成功させたと一光に自慢げに話してきた。

誰が書いたかわからない論文だった。

しかし一光が

「それ俺が書いた。

誰が書くかは自由じゃないから。」

するとみんなに井川は偶然!必然!

「井川先生はやっぱり沖田派なんじゃない?」

なんてからかわれた。

井川をからかうの楽しそう(笑)

 

院長は教授に前回の手術で見落としていた事を黙っておくと脅した。

そして深冬の論文を政党に評価するよう電話で話してくれた。

一光も無事病院に残れるし、深冬も医師として前に進める。

 

深冬が帰ろうとすると柴田が

「愛されているんですね。」

深冬

「結婚して6年も経ってるのよ。」

柴田

「旦那さんじゃなくて。。。お疲れ様でした。」

柴田は手術の助手に入っていて一光の気持ちを悟った。

 

一光は壮大に呼ばれた。

「なぜ深冬に切らせた?お前がそそのかせたのか?深冬は俺に逆らわない。」

一光

「好きでそうしてきた訳じゃないんじゃない?」

壮大

「深冬の事よくわかるんだな。まだ深冬の事好きなのか?」

一光。。。。

 

あーーーー!!!いいところで終わってしまった(;・∀・)

一光はなんて答えるのかな。。。

壮大の嫉妬、半端ない!こわっ!

次回もまた波乱がありそう|д゚)

 

プッシュ通知を
Return Top